ナチュラルインテリアを知ろう

私たちができるエコなディスプレイ

自然なカラー、木の家具を基調とするナチュラルインテリア。
木の種類もパインやメープル、オークなど、様々。木のセレクトでお部屋の印象も変わります。テイストに合わせ、木を選びましょう。
こだわった木の家具を長く使うことはエコにもつながり、健康にも良いですよ。
そこに合わせたいのは、やはりこだわりのおしゃれなディスプレイです。

この手のインテリアに不可欠とも言える、瓶のディスプレイ。
実は、キッチンにある使い切った調味料の空き瓶を再利用できるのです。
瓶のラベルを取り除き、きれいに洗えば、ディスプレイの瓶に早変わり!
色も茶色や透明と、様々なものがあります。
アクセントともなるアイビーやワイヤープランツといった観葉植物の水挿しもオススメ。

グリーンコンシューマーでエコ活動

グリーンコンシューマー(Greenconsumer)とは、直訳で「緑の消費者」になりますが、地球の緑のグリーンと、コンシュマー(消費者)を合わせ、地球や環境を大切にする消費者、という意味の造語になります。
商品を購入する際に、「環境」を考え購入すること。それがグリーンコンシューマーの活動になります。
長く使えてエコにつながる、健康に良さそう、などなど、このような理由から家具を購入するのも、この活動の一種です。
家具だけではなく、ファブリック製品もナチュラルインテリアに欠かせないもの。
長く使うと味の出てくるリネンは、まさに、うってつけ。
木綿や麻も使い続けるうちに優しい風合いになっていきます。
良いものを大切に長く使う。体にも良く、エコにもつながるわけです。


自然素材にこだわる!エコなインテリア情報サイト

この記事をシェアする